トップページ 社長のつぶやき

ハーネス加工の下請けどっとねっとへようこそ

  ここは神奈川県を中心としたハーネス加工・ワイヤーハーネスの下請け企業を紹介するサイトです。
お客様の求めている、ハーネス加工・ワイヤーハーネスの下請け企業がありましたら、ご遠慮なく訪問してください。

また、ハーネス加工・ワイヤーハーネスでお困りのことがありましたら、ご遠慮なく質問して下さい。
ハーネス加工・ワイヤーハーネスのプロが、親切丁寧にハーネス加工・ワイヤーハーネスについてお答え致します。


 電線のカット+両側端子圧着の工賃が、
驚きの「1本/@1~」を実現したSDKです。
新時代のハーネス加工・ワイヤーハーネスを追求します。

 回路図から試作→ハーネス図面作成→材料調達→
生産・納品とマークチューブ製造販売の清和電資工業です。
小ロットのハーネス加工・ワイヤーハーネスはお任せを。

 オートバイが好きな方は是非一度、お立ち寄りください。
ハーネス加工・ワイヤーハーネスとは関係ありません。
by オヤジの改


  お詫び
ハーネスの検索でこのページにたどり着いた方で、愛犬用ハーネス、盲導犬用ハーネス、馬具用ハーネス、その他ペット用ハーネス、パラグライダー用ハーネス、ウインドサーフィン用ハーネス、パラシュート用ハーネスをお探しの方は申し訳ありません。ハーネスの前に愛犬用等の言葉を付け加えて検索してみて下さい。
このサイトは電線、端子、コネクターを用いて配線を作るハーネス加工・ワイヤーハーネスのサイトになっています。ハーネスだけの検索ではハーネス加工やワイヤーハーネスなど、ハーネスが含まれている語句を全て検索してしまいます。このような時はハーネスの前に愛犬用等の言葉を付け加えて検索してみて下さい。そうすればハーネス加工やワイヤーハーネスと言った、余計な語句が付いた検索を回避できます。ハーネスの前に関連しそうな語句を追加してもう一度検索してみて下さい。

 過去のつぶやき 2009_7-12 2010_1-6 2010 7-12

 ごあいさつ
私は上のバナーで紹介しているハーネス加工・ワイヤーハーネス会社の社長を務めさせて頂いております。
サイトの管理者である私が、見たり、聞いたり、感じたり、体験したことを、感性で書き綴っています。
ハーネス加工・ワイヤーハーネスとは関係無い話題となります。
お見苦しい言葉もしばしば見受けられると思いますが、多めに見てやって下さいませ。


平成30年1月9日(火)  社長のつぶやき

 あけましておめでとうございます。

今年は戌年です。戌笑いますかね。

過去の株式相場では戌年の勝率は4勝1敗で、
平均上昇率は9.8%。
今年の戌年は戊戌(つちのえいぬ)となります。
前回は60年前の1958年でこの年の日経平均は年間で40.5%の上昇。
当時は東京オリンピックに向けて投資が盛んになり、
岩戸景気の始まりでした。
でもねその先の丑年(2021年)はひどい年が多いんです。
1961年の証券不況、1973年の過剰流動性相場、
1997年の金融危機、2009年のリーマンショック後の大底相場などです。
何だか今と重なりますね。
オリンピック後の2021年は酷いことになるんですかね。
おっと年初の縁起が良い時にマイナス思考はやめましょう。
まずは戌に笑ってもらいましょう。

さて、昨年気になった事と言えば、大廃業時代がやって来るって事ですかね。
経済産業省によると、2025年時点でリタイア適齢期を迎える
中小経営者は約254万人と全中小企業の6割にも上るそうです。
しかも、そのうち約半数の127万人が後継者未定だそうです。
このままでは、2025年までに650万人の雇用と22兆円ものGDPを失うと予想され、
国としてもこの5年余りで集中的に対策するとのことです。
さらに衝撃的なのは、廃業する会社の5割が黒字であることです。
本来は日本の未来を支える優良企業が大廃業時代を迎えている点です。

東京商工リサーチによると、16年に休廃業・解散した企業数は2万9583件。
一方で企業倒産は8446件と8年連続で減少している。
倒産が沈静化する中で、倒産の3.5倍の企業が休廃業・解散に
追い込まれている計算になる。
そのうち代表者が60代以上が8割をしめることから、
経営者の高齢化と事業継承の難しさが背景にあると指摘している。

この難しさは経産省が全国の商工会議所などと連携して設置している
「事業引継支援センター」の実績を見れば一目瞭然である。
相談件数は16年度に6292社。
M&Aなどによる事業継承は430件が成約した。
経産省は成約実績を5年後に2000件とする目標にはほど遠く、
想定していたよりも事業継承が進んで以内のが実体だ。

あと7年で127万人の事業継承が出来るとは到底思えない。
民間のコンサルでも年間数100件程度が限度だろう。
127万を7年で割ると約18万1500となる。
どう考えても無理である。

これからやることは現在取引のある企業に対して、
事業継承についてリサーチすること。
そして、先の無い取引先については、代替え企業を探し取引を開始すること。
意外と新たな取引先を開拓するのは時間がかかる。
ましてや上記の数字からするとさらに困難な作業となることは必至。
今が何とかなっているから大丈夫なんて思っていたら、
あっと言う間に大問題に直結します。
ましてや、優良企業から先に埋まって行くに決まってますから。

結構あるんですって。
血縁でない社長の右腕に事業継承するって話が。
でもね、実際はタダで会社をもらう訳じぁないんですよ。
借金して会社を買収しなければならないのです。
この「借金をして」って所で大抵の右腕は顔色が変わるそうです。
当たり前ですよね。
今までサラリーマンだった人が、急に5千万、1億と借金するんですから。
普通に考えても無理ってもんです。
借金の話まで解決してこそ、初めて事業継承の予定があると言えるのです。

私の会社にも昨年こんな新規のお客様がいました。
ホームページに社長の年齢や、従業員の平均年齢を書いてくれと。
新規の外注先にアポを取り、行ってみたら超御高齢・・・。
何てことが多くて無駄足だと。
最初から御高齢だと分かっていれば、そもそもアポも取らないのにって。

あなたの会社の取引先は本当に問題ないですか。
直近で廃業・解散した取引先はありませんか。
1社でもあったら、黄色信号が点滅してますよ。
「渇して井を穿つ」って言うじぁないですか。
前もって準備をしなくて、必要な時に必要なものを準備するのでは、
到底間に合わないという意味。
今年の道しるべはこれに決まり。



平成29年1月5日(木)  社長のつぶやき

 あけましておめでとうございます。

今年は丁酉年ですね。
実は私、酉年なんです。
今年は年男って事になりますね。

酉年について豆知識を。

酉は十二支の中で10番目となります。
酉年の西暦年を12で割ると1余る年になるんですね。 
って事は・・・
2017÷12=168あまり1
だからなんだって話ですがね。

また、過去の株式相場では酉年の勝率は4勝1敗となります。
気になる1敗ですが1957年の酉でした。
ちょうど60年前になります。
その年も丁酉で今年と同じ丁酉です。
なにやら昨年同様に騒がしい年になりそうな予感がします。

さて、昨年はロボットやらAIと言った言葉を良く耳にしました。
それと日本の人口減少社会を組み合わせてみると意外と面白いかも。
まずは日本の人口についてリサーチしました。
現在の人口は1億2700万人で65歳以上の高齢化率は26%。
労働者人口は6600万人。
2050年には9700万人で高齢化率は39%。
労働者人口は4250万人。
なんと減少率は人口が23%で、労働人口は35%も減ってしまいます。
もちろん日本のGDPも同等の減少が予想されます。
こんな状況で労働集約型の中小企業や零細企業に人材が集まるのでしょうか。
最低賃金についても、東京、神奈川では2020年に1016円に。
全国加重平均が1000円になる2029年には1329円です。
2050年にはなんと2466円になってしまいます。
(あくまでも年率3%で上昇した場合ですが)
そこでロボットやAIが重要なアイテムとなる事でしょう。
どうやって活用するんだって?
それを考えて実行に移した企業が存続でき、
それができない企業は淘汰される。
ようするに何も考えないで商売をしているような企業に未来は無いと。
そもそも商売ってそんなもんでしょ。

もちろん我々も淘汰されないようロボットやAIを取り入れた
長期計画を実行に移してますよ。
名付けて「2025計画」ってやつです。
これからは年率3%の生産性向上が最低条件でからね。
できる事はまだまだありますよ。
そこにロボットやAIを活用して行きます。

でもね、人間には出来てロボットやAIには出来ない事ってあるんです。
それは考えるって事です。
「三人寄れば文殊の知恵」って言うじぁないですか。
今年の道しるべはこれに決まり。



平成28年1月4日(月)  社長のつぶやき

 あけましておめでとうございます。
今年は60年に一度の丙申の年ですね。
60年前の1956年は、日本が国際連合に加盟した年だそうです。
相場の格言では、「未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ」とあります。
良い意味で騒がしい年になると良いのですが・・・。

 さて、昨年は安倍晋三首相の発言で、最低賃金を年率3%程度を目途とし、
全国加重平均が1000円になることを目指すとありました。
では、実際に全国加重平均が1000円になるとどうなるかを推測してみます。

 まずは平成27年10月からの状況を見てみましょう。
全国加重平均 798円
平均以上・・・7都府県 埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、京都、大阪
平均以下・・・その他40道県
上位都県・・・1位の東京907円、2位の神奈川905円
700円未満・・・693円 鳥取、高知、宮崎、沖縄
         694円 鹿児島、大分、熊本、長崎、佐賀
         695円 青森、岩手、秋田、徳島
         696円 山形、島根、愛媛
蓋を開けてみれば平均以下の40道県の尻ぬぐいを、
7都府県がしているのが現状です。
国土強靱化や地方創世が聞いて呆れます。

 では次に、全国加重平均が1000円になるとどうなるのか計算してみましょう。
国内最低賃金の693円が年率3%UPで1000円を超えるには、
13年(1017円)かかります。
これを東京、神奈川にあてはめると・・・。
東京   1332円
神奈川 1329円

 これは、平均以上の7都府県でパート労働者主体の中小製造業にとって、
致命的な結果をもたらします。
生産性向上や取引条件の改善が図れなければ、淘汰されることを意味します。
想像出来ますか。13年後には約50%のコストアップですよ。
90年代のバブル崩壊後、失われた20年でコストアップなんて出来ましたか?
今から周到に準備をする必要があります。
まだ先の話だなんて思っていたら、あっと言う間ですよ~。



平成27年1月5日(月)  社長のつぶやき

あけましておめでとうございます。
今年は未年ですね。
ついにやってきました2015年。
思えば13年前に「2015計画」なる物を計画しました。
その恐るべき計画とは?

「団塊世代が2015年に65歳以上になり、
国民の1/4が65歳以上の高齢者となります。
これにより、同業他社の高齢化が到来。
1990年代のバブル崩壊、2000年代のITバブル崩壊。
この二つのバブル崩壊により、
中小零細企業は若手社員の採用を見送り、育成を怠りました。
当然、パート従業員の若手も育つ訳がありません
そのツケが2015年以降に回ってきます。
これは、世代交代の出来ない企業を大量に生み出したことになります。
世代交代が出来ない企業は廃業を意味し、
超高齢化の企業は衰退を意味します。
ここに新たなビジネスチャンスが生まれることを想定し、
資金力、人材力、設備力を蓄積することによって、
市場のバランスを吸収します。」

ね、我ながらすごい計画でしょ。
13年前の2002年に社長として就任し、
初めて作成した事業計画です。
資金力を除き、人材力と設備力は予定通りに蓄積できたので、
概ね想定通りになりましたね。
唯一の誤算と言えば、リーマンショックです。
それまでは、資金力も順調に推移してましたが、
さすがにリーマンショックでがた落ちになりました。
それでも全従業員の力で苦境を切り抜け、
さらなる成長力を手に入れました。
今思えば、不況を乗り越える度に、
大きな力を手に入れたように感じます。

次は、東京五輪後のオリンピック不況ですかね。
10年おきに大不況がやってくるので、
疑う余地はありません。
さぁ、今年は「2020計画」でも作成しまょうかね。




平成26年12月4日(木)  社長のつぶやき

おはようございます。
この度、業務拡大に伴い本社を移転する事となりました。
おかげさまで、ホームページからの新規取引も順調に増えて今日に至ったことを、皆々様に感謝しております。
ホームページ製作当初は、5年間で100社のお取引をするなんて、
恐れ多い計画を立てていました。
「目標は高く、夢は大きく」と、子供達に教えていた手前、
半端な計画を立てることが出来なかったんですね。
まさか、4年半で達成出来るとは夢にも思いませんでした。
このハーネス加工の業界も、急速に高齢化が進んでいます。
我々は若さを武器に、末永く顧客満足度向上へと突き進む所存であります。

2015年1月に引っ越しを予定しています。
色々とご迷惑をお掛けするかと思いますが、
ご支援の程、よろしくお願いします。



平成26年1月6日(月)  社長のつぶやき

あけましておめでとうございます。
今年は午年ですね。
株式相場の格言で、「午尻下がり」とあります。
1990年の年間騰落率は-38.7%で、2002年には-18.63%です。
ここまでの情報は、ニュースや新聞、ネットでよく見かけますよね。
でもね、もう少し掘り下げて調べてみると・・・。
1978年は+23.4%、1966年が+2.4%で、1954年が-5.8%なんですよね。
と言うことは、今年の年間騰落率がプラスになれば?
2026年の午年には「午尻下がり」とは言えなくなってるかも。
マスコミのうわべだけの情報に惑わされると、真実が見えなくなる。
そもそも何も労せずやって来る情報は、ほとんどがゴミです。
有益な情報が、向こうからやって来る事なんてありえません。
あなたがもし、金のなる木を見つけたとします。
あなたは、その情報をみんなに教えて回りますか?
違うでしょ。隠そうとするでしょ。
そうなんです。有益な情報は隠されているんです。
情報が公開された時は、その逆の行動を取るべきです。
簡単な方法で得た情報より、困難な道を選び得た情報の方が役に立つ。
「狭き門より入れ」
今年の道しるべはこれに決まり。



平成24年9月9日(月)  社長のつぶやき

おはようございます。
念願が叶って、2020年の東京オリンピック開催が決定しました。
日曜日は当然早起きをして、結果発表を待ちました。
久々に興奮しましたね~。
だって考えてみて下さい。
バブル崩壊から現在まで、明るい未来を想像出来ましたか?
1年先、2年先どころか、1ヶ月先の明るい未来を想像できない。
これが現実であり、日本の姿であったと。
オリンピック招致に成功したことで、7年後の未来が想像できるようになる。
と言うことは、7年後の目標に向かって突き進めば良い。
目標を共有できれば、勝手に人は動きます。
誰かに差し図されることなくね。

そして、いつ来るか分からない波に乗るために、
日々努力し、改善し、改革をしてきた者にこそ、栄誉が与えられる。
これからの7年間は、日本人が失っていた心を取り戻せるでしょう。

でもね、これってプチバブルですからね。
オリンピックにかこつけて、ムダな公共事業に予算を垂れ流す。
なぁ~んて事になりそうですよね。
復興予算の使い道を見れば、誰でも分かります。
きちんと成長分野に予算を配分して、
7年後の日本経済を引っ張れるような産業を育てて欲しいものです。
それが出来なければオリンピック閉幕と共に、
日本経済も閉幕してしまいます。
まぁ、ともかく2020年までの7年間は、期待を込めてもよろしいかと。
でも調子に乗りすぎると、7年後に足下を救われますよ~。


平成25年1月4日(金)  社長のつぶやき

あけましておめでとうございます。
今年は巳年ですね。
「巳」という文字は、蛇が冬眠から覚めて地上に這い出す姿を現しているといわれ、「起こる、始まる、定まる」などの意味があります。
まさにアベノミクスで日本の新しい成長元年となって欲しいものですね。
さてさて、世界中で起きている金融緩和。
日本もついに止まることを知らない借金地獄にまっしぐらですか。
昨年からジリジリと円安株高が始まっているような。
まだ口先だけなのに、アベノミスク効果がでいるのか。
先のことは誰にも分かりません。
だからこそ、今起きていることをひとつひとつ丁寧に、
そして全力で取り組む。
その積み重ねがあって初めて大きな波に乗ることが出来るのです。
いきなり大きな波に乗ることなど出来ません。
出来たとしてもすぐに波に飲み込まれ、
海の藻屑となるでしょう。
そう、大事なことは地道な努力の上にしか成り立たないって事。
「そんなこと分かっているよ!!」って言うあなた。
分かっている人にそんな説教する人いませんよ。
「高きに昇るには卑きよりす」
今年はこれで決まり。


平成24年1月5日(木)  社長のつぶやき

あけましておめでとうございます。
今年は辰年ですね。
龍のように世界経済も上るといいのですが・・・。
ユーロ諸国の現状を考えると、楽観視は出来ませんね。
さぁ、昨日の日経平均終値は?
去年の最終日より104円76銭高い8560円11銭で取引終了です。
去年の初めは1万510円68銭だったので、
1年で約19%も下がっています。
地震に津波に原発事故。
米国の金融緩和で円高に。
ユーロの金融危機でこちらも円高に。
頼みのアジアも成長鈍化に。
当たり前ですよね。先進国の経済低迷で輸出が減っている訳ですから。
思えば、米国のリーマンショックから繋がっているような。
すでにどこの国も財政出動により、お金を刷りまくっています。
もしこのタイミングでリーマンショック並の金融危機が訪れたなら・・・。
そうです。これ以上の金融緩和が出来ないので、
破綻する国が続出するのです。
借金生活を続けた結果ですから仕方がないのです。
とどのつまりは、「いつかは終わる」と言う事なのでしょう。
今年の龍は昇らない?
なんて事が無いように、自分が出来る事は全てやりましょう。
全力を出し切ってダメなら、あきらめも付くでしょう。
「人事を尽くして天命を待つ」
今年はこれで決まり。



平成23年2月12日(土)  社長のつぶやき

おはようございます。

最近の世界経済の流れを見ていると、日本と言う国の未来に不安を覚えます。
TPPによる関税撤廃。中国やアジアの経済発展。取り残された日本経済。
それでも日本でブランドを獲得した本物は生き残るだろう。
農業、漁業、製造業と業種を問わず本物は生き残る。
それらブランドは海外に輸出され、世界中に受け入れられる事になる。
逆に日本人はアジアや欧米からの輸入品で食を賄い、工業製品を賄う。
少し未来の日本は経済のパイは縮小し所得も減少。
結果、安い物(輸入品)でしか生計を立てられなくなる。
まさに国内生産は輸出に、国内消費は海外輸入になることが、
容易に想像出来る。
経済が発展しない理由としては、ベンチャーが育たない日本の環境では、
企業の新陳代謝もままならず、
古い体質の企業がいつまでものさばり続けるからだ。
失敗したら終わり。復活のチャンスすら与えられない。
未だに銀行は担保を取って金を貸す。昔のままだ。
企業の将来性を担保には金を貸さない。
これでは若い世代がチャレンジするはずがない。
借りた金を返すのは当たり前の事だ。
しかし、家を買ってリストラされて借金が払えない。
銀行が貸したのは土地と家のはず。
なのに債務は個人に重くのしかかる。
米国のように家を明け渡せば個人の債務は免除される。
貸した銀行にも責任を取らせる。
貸した側も借りた側も責任を取る。
これが民主主義のはず。
日本の銀行は?
金融が経済を発展させるはずが、
日本では金融が経済を衰退させている。
そう、育てることを放棄したのである。
自分さえ良ければそれで良い。これが日本の銀行の姿かもしれない。
だが我々は手をこまねいている分けにはいかない。
前進し続けなければならない。
結局、企業の大小には関係無く、
誰にも容易にまねできない本物を手に入れた者が生き残る。
まさに手を抜いた企業は淘汰されるしかない時代だ。
グローバル化が進み、ネット社会が世界中を駆け巡る。
今までと同じはもはや通用しない。
常に改革改善し、日々成長させる。
努力の中でしか本物は育たない。
そう信じて今日も一歩前に進みましょう。

PS. おかげさまで新規お取引も大盛況。
仕事も新たなステージに入り大盛況。
仕事優先にしたいので、しばらくつぶやく事が出来ません。
って、誰も期待してないか。



平成23年2月3日(木)  社長のつぶやき

おはようございます。
米国のダウ平均が1万2000ドルを回復。
この流れを受けて日経平均も大幅反発。
でも強気になれないのは何故?
08年から直近までの株価騰落率が物語っています。
主要国はすでにプラスに転じているのに、日本は未だに▲26%です。
スペイン、ポルトガル、ロシアよりも更に低い水準です。
未来の日本に全く期待が無いことが伺えますね。
この国に住んでいる日本人ですら未来が描けないのに、
外国人から見て魅力あるわけないか。
さぁ、昨日のマーケットは?
終値は前日比182円86銭高い1万457円36銭で取引終了です。
上げ幅は今年最大です。ってまだ今年は始まったばかりですがね。
今日は利益確定の売りに押されて下がるんですかね。
さて、昨日までの不景気なニュースは?
北海道からは引き網漁の「田村漁業」が負債約14億円で倒産です。
漁業、農業、林業の高齢化は待ったなしです。
大阪府からは不動産業の「太田実業」が負債約34億円で倒産です。
未来を描けない国の土地が上がる方が不自然です。
ADRで再建を目指していた「林原」が負債約1500億円以上で倒産です。
意外と銀行も真っ青だったりして。
法的整理ですからね。多大な借金棒引きですからね。
なんたって銀行って商売は昔から言うじぁないですか。
晴れの日に傘を貸して、雨の日に傘を取り上げるって。



平成23年2月1日(水)  社長のつぶやき

おはようございます。
しばらくお休みを頂きました。
何やってたかって?
インフルエンザで寝込んでました。
あまり熱が出なかったので風邪かな?と思ってしたら、インフルエンザでした。
病院に行ったのは熱が出てから3日目。
お医者様に言われた通り、薬は効かず大変つらい日々でした。
病気になって何時も思うことは、「健康が第一」ですね。
さぁ、昨日のマーケットは?
1万500円台を回復してからエジプト問題で急降下。
終値は前日比36円58銭高い1万274円50銭で取引終了です。
3営業日ぶりに反発です。
エジプト問題は100万人進行へ向けてカイロに集結です。
軍は「民衆に対して武力行使はしない」と宣言。
この騒動はもはや手のつけられないところまで来ているようです。
さて、昨日までの不景気なニュースは?
鳥取県からは土木建築の「名大組」と関連会社の不動産賃貸「ナカヤビル」が
負債約18億円で倒産です。
ついに国と地方の負債は債務超過に陥りました。
これが何を意味するのか。
山梨県からは鉄骨建築工事の「かえで」と関連会社の「小山田木鋼所」が
負債約53億円で倒産です。
京都府からはスーパーマーケット経営の「北野」が負債約22億円で倒産です。
兵庫県からはホテル経営の「ホテルブルーきのさき」が
負債約3億円で倒産です。
大阪府からは金属建具メーカー「テクノ・ナミケン」が
負債約30億円で倒産です。
岡山県からは飼料製造の「中国飼料」が負債約28億円で倒産です。
長崎県からも飼料卸の「金子商事」が負債約43億円で倒産です。
栃木県からはゴルフ場経営の「那須八溝物産」が
負債約75億円で倒産です。
「那須小川ゴルフ倶楽部」を運営してました。
茨城県からはゴルフ場経営の「日立観光開発」が
負債約20億円で倒産です。
「日立ゴルフクラブ」を運営してました。
どちらもお約束の預託金返還請求でTHE END。
群馬県からは不動産の「清友」が負債約21億円で倒産です。
まだまだ続きます。
青森県からはおはぎ・寿司製造の「一万石」が負債約1億円で倒産です。
北海道からはキャンピングメーカーの「ノースライフ」が
負債約9億円で倒産です。
ジャスダック上場の貸金業「中小企業信用機構」が負債約90億円で倒産です。
こちらも「日本振興銀行」の影響です。
岡山県からはバイオメーカーの「林原」が負債約1400億円でADR申請です。
有名なのは甘味料の「トレハロース」の開発・製造ですかね。
昔、オオクワガタを飼育してました。
この時、餌として与えていたゼリーにトレハロースが入ってました。
栄養抜群で沢山の子孫を残してくれましたっけ。
またまた大阪府からは鋼材卸の「ヨシキ鋼材」が負債約90億円で倒産です。
都心では回復の光が見えて来たように感じますが、
まだまだ地方の建築不況は続いているようです。
東京都からは薄型テレビ販売の「バイ・デザイン」が
負債は推定で約10億~20億えんで倒産です。
台湾や中国で作らせて売る。
格安テレビの火付け役です。
広島県からは洋紙卸の「西崎紙販売」が負債約35億円で倒産です。
電子化が進み紙媒体は苦戦です。
ITの進歩は旧システムをあっという間に破壊します。
昨日の常識は今日の非常識。私はこの言葉好きですがね。
古い体質にしがみついている人達から、チャンスを分け与えてくれますから。
今日は九州から北海道まで多種多様な倒産ニュースでした。



平成23年1月14日(金)  社長のつぶやき

おはようございます。
ユニクロのファーストリテーリングが売上高を下方修正です。
これをどう見るか?
会社側は残暑の影響と、商品の欠品が原因と説明しています。
が、私には不況の終わりを告げているように見えますがね。
2000年のITバブル崩壊の時も同じでした。
その後いざなぎ景気で上昇してましたから。
あの時はフリースが大流行しました。
でも次の年には他社にまねされてたっけ。
去年ユニクロはヒートテックが大流行。
似てませんかね。あの時と・・・。
さぁ、昨日のマーケットは?
何と8ヶ月ぶり高値を記録。
終値は前日比76円96銭高い1万589円76銭で取引終了です。
ついに海外マネーの流入が始まったか?
出遅れ感の強かった日本経済に対してちょっと期待しているのか?
アジアのマネーが日本の土地を買ってます。
山や水源までも買ってます。
何で?
水?ですかね。日本にいると水は当たり前のように使います。
では、海外では?ちょっと事情が違うようです。
日本人にとって当たり前の事が、外国からは当たり前でない。
外から日本を見てないと、大事な物をみんな取られてしまいそうです。
さて、昨日までの不景気なニュースは?
神奈川県からは不動産会社の「アーバンビルド」が負債約14億円で倒産です。
不動産は株式市場のような売り買いがすぐにできませんからね。
リーマンショックだ。土地や建物を損切りしろ。なんて即座にできません。
じわじわと下がり続け、価値がどんどん目減りしていきます。
事業拡大も良いですが、借金に頼らず拡大しないとね。
山梨県からはリゾート施設フィットリゾートクラブ運営の「AC-FIT」が、
負債約9億円で倒産です。
2002年に1度目の民事再生法を申請。
これで2度目の民事再生法の申請となります。
再生しないのに民事再生法?
何を基準に判断しているのでしょうかね。
債権者は泣くに泣けないでしょうに。
与信管理。大事ですが、限度がありますよね。
マニュアルに沿ってシグナルキャッチで取引停止。
そんなにうまくいきません。
決まって休日明けにお伺いしたらシャッターが閉まってる。
そして張り紙が・・・
こんなパターン、多くありませんか。



平成23年1月13日(木)  社長のつぶやき

おはようございます。
公務員人件費の2割削減先送りへ・・・。
都合の悪いことは全て先送り。
もはやマニフェストの意味がまったくない。
これって子どもがお手伝いするからとおもちゃをねだるのと似てますね。
で、結局買ってあげてもお手伝いなんてやっても1、2回ですか。
あれ、うちの子だけですかね。
さぁ、昨日の日経平均は終値は?
伸び悩んだ末に小幅反発して前日比2円12銭高の、
1万512円80銭で取引終了です。
金融株が好調だったようです。
原油も銅もじわじわと上げてきています。
今年中に最高値更新、なんてことになりそうな気がします。
さて、昨日までの不景気なニュースは?
あれ?目に付いたニュースはありませんでした。
不景気なニュースが無いのは良い事です。
はい、忙しいので仕事します。



平成23年1月12日(水)  社長のつぶやき

あけましておめでとうございます。
今年は兎のように売り上げが跳ねてくれると良いですね。
まぁ、努力もしないでそんなことはあり得ませんがね。
日経平均の方は年始より上げてスタートでした。
兎のように跳ねたとは言い難いですが、上げは上げですから。
さぁ、昨日の日経平均は終値は?
反落して先週末比30円36銭安い1万510円68銭で取引終了です。
世界的な株高も一服か?
そうそう、ガソリン価格が一気にあがりました。
野菜も寒波の影響でまた値上がりしています。
各国でこの寒波の影響が出ています。
豪では大洪水が。
世界中で異変が起きています。
先進国の経済は鈍化。
後進国の経済はもはやバブル。
先進国が発展してきた10倍のスピードで後進国が発展。
環境も今までの10倍のスピードで破壊されるのか?
地球の食物連鎖が崩壊すれば、自ずと淘汰がやってきます。
どう考えても滅びるのは人類でしょうね。
さて、新年からの倒産ニュースです。
宮崎県からは百貨店の「都城大丸」が負債約49億円で倒産です。
百貨店の存在意義は?
福岡県からはスーパーマーケット経営の「ニューマルシン」が、
負債約16億円で倒産です。
大手のチェーン店に勝つのはね~。
大阪府からはシステム開発の「エムネット」が負債約21億円で倒産です。
コンピュータ関連も結局は設備投資ですからね。
この不況に積極的にはなれません。
もう一つ大阪府からは土木建築の「志眞建設」が負債約110億円で倒産です。
公共事業が減れば当然ですか。
この国はいつまで地面をコンクリートで固めれば気が済むのでしょうか?
長野県からは温泉旅館経営の「蓼科グランドホテル」が、
負債約15億円で倒産です。
平日の稼働率が上がらないから休日で回収。
これではね。
愛知県からは歯科診療の「医療法人愛美会」が負債約17億円で倒産です。
歯医者はコンビニより多いんですから。
そろそろ淘汰でしょ。
栃木県からは生鮮魚介類卸の「川徳」が負債約13億円で倒産です。
去年から卸と付く業態の倒産が目に付きます。
静岡県からは印刷機械製造の「シノハラ」が負債約75億円で倒産です。
印刷業界は近いうちに再編される事でしょうね。
今年は兎のように景気も跳ねて、笑える年になると良いですね。




ご用命はハーネス加工の下請けどっとねっとまでお願いします。